性感染症の告知で離婚に追い込まれた女性、医師らに損害賠償を求める

性感染症の「陽性」結果、夫同席の場で告知 医師らの賠償責任認める(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

この記事は、性感染症の陽性結果を夫の前で告げられたことで精神的苦痛を受け、離婚に至った女性が、告知した医師らに損害賠償を求めた裁判の結果について報じています。以下に要約します。

  • 告知の状況:女性は2021年10月に胸の痛みで救急外来を受診し、血液検査を受けました。その際、医師は夫が同席する場で、女性が性感染症に感染していると告知しました。女性はこの告知により、夫からの信頼を失い、離婚を迫られました。
  • 裁判の結果:女性は、医師らがプライバシー権を侵害し、離婚の原因となったとして、550万円の損害賠償を求めました。しかし、横浜地裁は、医師らに44万円の支払いを命じるにとどまりました。判決は、告知と離婚との因果関係は証明できないとし、慰謝料の増額は相当ではないと判断しました。
  • 反応と今後:女性の弁護側は、判決に不服として控訴する方針です。一方、医師らの弁護側は、判決を受け入れるかどうかを検討中です。また、この事件は、性感染症の告知方法や患者の権利に関する社会的な議論を呼び起こす可能性があります。